元日本人首相阿部真三殺害

元日本人首相阿部真三殺害: 日本で2番目に大きな都市である奈良でキャンペーンスピーチを行っていたとき、阿部真三は加害者に撃たれて殺された。彼は今67歳です。アッパーハウス選挙のわずか2日前に、国内で最も長く勤めた指導者である阿部真三首相が暗殺された後、日本の政治的領域全体に衝撃と怒りがありました。安倍首相は、最も長い間日本の首相を務めた。日本の岸田文雄首相は、安倍首相の死を知った後、「悲しくて言葉を失った」と語った。その時、彼の目は腫れて赤くなっていました。未来を見据え、多くの分野で大きな進歩を遂げながら、我が国の幸福に人生を捧げた男に賛辞が注がれています。ジョー・バイデン副大統領は、ホワイトハウスの声明で次のように述べていると言われています。 安倍首相と緊密に協力することは喜びでした。彼がアメリカに来たとき、私は空港で副社長として彼に会い、彼に会うためにそこにいました。彼は私たちの人々の間のつながりと私たちの国の間の絆の確固たる推進者でした。日本で最も長く勤めている安倍真三首相は、自由で開かれたインド太平洋地域のビジョンを持っていました。何よりも、彼は日本の人々を深く気遣い、彼らの生活に変化をもたらすために彼の残りの人生を過ごしました。攻撃された後も、彼はまだ民主主義の大義のために努力していました。 日本で最も長く奉仕している首相である阿部は 健康への懸念を彼の出発の根拠として挙げて、2020年に辞任した。その後、彼の潰瘍性大腸炎が再発したことが明らかになりました。これは腸の病気です。政権の一員として、より厳しい防衛と外交政策を推進し、死ぬまで長い間、平和主義者であった日本の戦後憲法の改正に取り組んできた。「アベノミクス」は、彼がキャンペーンした経済計画に付けられた名前です。財政的および財政的刺構造的改善に基づいて、この計画が実施されます。 代わって、長年の友人である菅義英が交代し、岸田文雄が後任に就任。 未知数はたくさんありますが、暴力行為は決して受け入れられず、銃による暴力は影響を受けるコミュニティに永続的な傷を負わせることを私たちは知っています。私たちがすべての詳細を知っているわけではないという事実にもかかわらず、私たちが知っていることがあります。この悲しみの時、アメリカは日本と連帯している。私の考えと祈りは、この困難な時期に彼の愛する人たちと一緒です。安倍首相は、政治的ルーツが深い保守派として、日本は第二次世界大戦への関与についての「マゾヒスティック」な振り返りをやめ、前進すべきだと信じていた。日本と韓国の関係の悪化は、 この修正主義的戦略の直接の結果でした。 2012年12月、安倍首相が首相に選出された。山上哲也という41歳の失業者がその場で拘束され、元首相を自家製の武器で撃ったことを認めたと伝えられている。その場で逮捕された。容疑者は、安倍首相が恨みを抱いた「特定の組織」に所属していると信じていると警察に語った。刑事捜査官はグループの名前を提供することを拒否しました。警察当局は、現場で銃弾を発見したかどうかについては明らかにしなかった。 刑事は容疑者が電車でイベントに来たと信じているが、山上が安倍をどれだけ待っていたかは明らかにしていない。さらに、彼らはイベントのセキュリティ手順を検討すると述べました。奈良警察は、進行中の調査に影響を与える可能性があるため、これ以上の情報を共有することを躊躇していることを示すことで、多くの問い合わせに対応しました。トランプ大統領の娘、イヴァンカは、「歴史上の人物であり、永続的な重要性のリーダー」である阿部の終焉に心からの哀悼の意を表した。医師によると、安倍首相は首に2回の銃弾による負傷と、その発生による心臓の損傷を負った。 67歳の男性は、攻撃後の瞬間に認識と注意を払っていたという報告にもかかわらず、健康状態は悪化し続けました。元首相が治療のために急いで病院に運ばれたとき、彼には生命の兆候はありませんでした。安倍首相の死が午後5時3分に公式に確認されたとき、安倍首相は過去4時間に多くの輸血によって約100単位の血液を受け取っていた。現地時間(0803 GMT)。 この地域には大きな銃を持った男がいるという報告があります。 攻撃中、安倍首相は日本の奈良にいて、交通の交差点で政治家候補のキャンペーンスピーチを行っていた。目撃者によると、重い銃のように見えるものを持った男が前首相に2回発砲した。目撃者は、安倍が無反応で地面に倒れるのを見て、ショックと畏怖の念を起こして叫んだ。 安倍さんの存在は警備員に守られているにも関わらず、攻撃者はAさんに近づくのにほとんど苦労しなかったようです。数メートル以内になります。 安倍さんがスピーチをしていると、少し後ろに容疑者の写真が潜んでいるのが見えた。 警備員と対峙したときに逃げようとしなかった攻撃者は、銃器を手渡すことができました。 地元メディアの報道によると、彼は日本の海軍に相当する海事自衛隊に所属していた。彼は2005年に軍務から引退したと言われています。 安倍首相は、今週後半の高官選挙に先立ち、前首相であった自由民主党のキャンペーンの一環として演説を行った。報道によると、全国の大臣はできるだけ早く東京に戻るように言われたと伝えられている。多くの日本のソーシャルメディアユーザーは、「暴力ではなく民主主義を望んでいる」というハッシュタグを使用して、起こった悲劇的な出来事に衝撃と嫌悪感を表明しました。事件当時、日本では「暴力ではなく民主主義が欲しい」というハッシュタグが人気で、多くの人が不満を表明していました。